kasi-friendlyとは
フィンランド語で『優しい手』という意味です。

弥満丈製陶 ”陶器の湯たんぽ再入荷しました”

ECOで節電にも一役買ってくれる”湯たんぽ”は冷えとりライフの味方です。
眠っているときや座って仕事や家事をするときにも
じんわりとやさしく足元をあたためてくれます。
陶器製の湯たんぽは保温力があり、熱のあたりがやわらかです。





陶器の湯たんぽ サンドベージュ、赤、アメ茶
2,900円(税込)※価格改定があり少しだけお値段が変わりました。




◎湯たんぽの活用方法

冷えとり的おやすみスタイル
就寝時はデトックス(排毒)が盛んになると言われています。
お布団の足元に湯たんぽを入れて、デトックスがスムーズになるようにバックアップ。
できれば一年を通じて、寝るときに足元に湯たんぽを入れてみてください。
寒い季節も湯たんぽを多めに入れて寝ると、しっかり疲れがとれて目覚めが良くなります。

これからの季節は(夏)
足元にのる程度に布団を折りたたんで湯たんぽを入れ
上半身はタンクトップなどできるだけ薄着にします。
暑くてガマンできないときはエアコンや扇風機を弱めにかけても大丈夫。
頭寒足熱にすると気持ちよく寝られます。

座って作業するとき
仕事や勉強などデスクワークの時にはダンボールや木箱に入れて
足元に置いてひざ掛けをかければ頭寒足熱の完成!
箱に湯たんぽを入れて足をのせると温まりやすいです。



寒い時期はともかく、夏に湯たんぽを入れると暑くて寝苦しいという方は
夏風邪をひいたときや、体調が悪いときに、湯たんぽを使ってみてください。
体が心地よさを覚えるので、夏でも湯たんぽを入れてみたいと思うようになりますよ。






 
冷え取りについて comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://coshinamon.kasi-friendly.com/trackback/952
<< NEW | TOP | OLD>>