kasi-friendlyとは
フィンランド語で『優しい手』という意味です。

つくる、たべる、かんがえる 『PERMANENT』お取り扱いのご紹介
 本日からお取り扱いの季刊誌『PERMANENT』をご紹介いたします。

つくる、たべる、かんがえる『PERMANENT』とは

8/2の新刊 NO.3

私たちが着目したいのは、例えば、普通の人の食卓の風景。
食の基本は毎日の食卓にあると私たちは考えています。

何が食べたいか、どの店で食材を選ぶか、どのように調理するか、どの食器で食べ、どんなふうに時間を過ごすか、

それら全てを自分の意志で決める場所だと思うからです。

私たちは津々浦々の食卓で、食べることについての話を聞いたり、調理の様子などを取材し、食卓の風景から、あらためて「食べること」について考えてみたいと思います。
 

また、私たちは、自分の身体の中に入れるものが、何処でどうやって育った食材かをしっかりと把握し、大事に無駄なく食べたいと考えています。

だから、山や里、海での生産や加工の現場、そこに携わる人々に会いに行き、
その土地の風土で育つ食材、食べ方など、私たちがこれまで知らなかったり意識しなかった、食べもののいろいろを再確認し、一人でも多くの方と共有していきたいと思っています。
 

その他、食を起点に、さまざまな視点から「食べること」への認識を肥やす情報を紹介していきます。
 今だからこそ「食べること」の意味、楽しさ、大切さ、そして、未来のために考えなければならないことなど、あらためて「食」の中から探っていきたいと思います。




 



 


NO1.NO.2NO.3 各¥500(税込)


いわては広大な山に囲まれ、緑がいっぱいです。
冬になって葉っぱが落ち、落ち葉が自然と腐葉土になるので、いわての土は黒々としています。
ミネラルいっぱいの土に育まれたお野菜は格別ですね。

いわては農家さんも多く、イベントなどでのつながりの場もなにげに多いと思います。
その為、生産者さんと私たち消費者がより近く、直接購入できたりするのも
本当にありがたくてすばらしいことだと思います。

直接からだに入れるものも、直接身につけるものも
その素材もそれから作り出す生産ルートも、目に見えてわかるものだと安心ですね。


PERMANENT comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |