kasi-friendlyとは
フィンランド語で『優しい手』という意味です。

プラネッタオーガニカ 新商品のご紹介

 

チェンマイの地で、人に心地よく、地球にやさしいものづくりをしているプラネッタオーガニカ.
写真は代表の嶋田みゆきさん。小柄でとっても華奢なのにものすごいバイタリティーあふれる素敵な女性です。

2月のタイ出張の際にチェンマイのアトリエ兼ショールームで、直接お会いして
オーガニックコットン/草木染め/藍染め/黒檀染め/他の草木染めについてお話を伺うことができました。

◆自然の素材を紡ぎ、色を染め、手で織るということ
 プラネッタ・オーガニカは、主に手紡ぎの無農薬コットンやヘンプなどの自然素材を、自然の草木で色を染め、
手で織られた布を使用しています。
手紡ぎ、手織りの布は、使うほどにしなやかになり、草木で染めた布は「薬布」とも呼ばれ、身体によいとされてきました。

◆布を織る
織り上がりの布の柄や長さを考え、縦糸を準備します。
縦糸は1m幅の織り機で約1720本、2m40cm幅の織り機で約4000本の糸が必要です。
2本から12本までの縦糸配置で、無数の柄を織ることが可能ですが、この配置によって出来上がりの布の柄がほぼ決定するのでとても重要な作業と言えます。
プラネッタオーガニカのタオルは、4本の縦糸配置を行っています。
手織りの布は、機械織りの約10分の1の速度でゆっくりと丁寧に織られています。

環境に配慮するということ
綿花から種を取り除き、手で紡いで糸にして、草木で色を染め、機織り機で布を織る。
これらの行程は昔ながらの道具を使い、全て手作業のため電気を使いません。
また、草木の染液で土地を汚すこともありません。
エネルギー資源の使用を最小限に押さえ、環境に配慮したものづくりをしています。

◆自然から「分けてもらう」ということ
色を染める草木はその土地に自生しているものを使い、それぞれの草木の季節に
自然から少し分けてもらいます。たくさん育てて、全て刈り取るということはしません。

◆心豊かに暮らすということ
「暮らしで使う布は、愛着のわくものであってほしい。」時代を受け継いでも永く息づく布。

 
planeta organica (布ナプキン) comments(0) trackbacks(0)
プラネッタオーガニカ 布ナプキンの素材について
 プラネッタオーガニカの布ナプキンをお取り扱いして2年。
いろんなメーカーの布ナプキンを試し、「これだ!」と感動したのがplaneta organica。
探していた3つの条件をすべてクリアしたおすすめの商品です。

・オーガニックの綿花を使った素材のもの
・使い心地の良いもの
・お洗濯しやすいもの

自然の素材を紡ぎ、色を染め、手で織るということ
プラネッタ・オーガニカは、主に手紡ぎの無農薬コットンやヘンプなどの自然素材を、
自然の草木で色を染め、手で織られた布を使用しています。
手紡ぎ、手織りの布は、使うほどにしなやかになり、
草木で染めた布は「薬布」とも呼ばれ、身体によいとされてきました。

環境に配慮するということ
綿花から種を取り除き、手で紡いで糸にして、草木で色を染め、機織り機で布を織る。
これらの行程は昔ながらの道具を使い、全て手作業のため電気を使いません。
また、草木の染液で土地を汚すこともありません。
エネルギー資源の使用を最小限に押さえ、環境に配慮したものづくりをしています。

オーガニックコットン
米国農務省USDA認証の畑で育った、オーガニックコットンを使用しています。

布を織る
手織りの布は、機械織りの約10分の1の速度でゆっくりと丁寧に織られています。

お洗濯のしやすさ
まだ使ったことがない方、はじめてお使いになる方は一番心配なのがお洗濯だと思います。
重曹を溶いてひと晩浸して置くのもいいのですが、水道でゴシゴシと水洗いし、
その後普通に洗濯機で洗いますときれいに落ちます。
機織りのワッフル状の織りが簡単にお洗濯出来る秘訣。
他と比べてみると違いがよくわかります。


現在kasi-でお取り扱いの布ナプキンはこちらの4種類です。

右:レギュラーパットSET ¥2940(税込)
左:ロングパットSET   ¥3990(税込)
カラー:インディゴ/イエローブラウン
SET内容:パット1枚 パット×3枚



レギュラー替えのパットSET 2枚入り インディゴ/イエローブラウン ¥1470(税込)
ロング  替えのパットSET 2枚入り インディゴ/イエローブラウン ¥1890(税込)


スクエアーLナプキン 
インディゴ/イエローブラウン ¥1890(税込)

こちらは好きなようにたたんで厚みを出したり、あてる面を変えたりすることができ
とても便利な1枚です。


"からだが自然に馴染んでいく"
優しく肌に触れて、自然のサイクルに導くナチュラルコットンの布ナプキン。
 
肌を痛めない、ゴミを出さないなど、自然の素材だからこその利点が沢山あります。
私たち人間も地球の一部であり、自然のサイクルで暮らすことはとても大切なことですね。
 
planeta organica (布ナプキン) comments(0) trackbacks(0)
プラネッタ*オーガニカ 布ナプキンについて
 プラネッタ*オーガニカの布ナプキンのお取扱いがはじまりましたが、
すでに布ナプキンを使われている方、知ってはいたけど初めてご覧になる方、
たくさんのお客様にご紹介させて頂いております。

お取扱いは次の商品です。


左:レギュラーパットSET 
180センチ×240センチ ¥2940(税込)

ホルダーはタオル生地+ヘンプ・オーガニックコットン1つ
パットはタオル地のオーガニック手紡ぎコットンが3枚入り

右:レギュラーパット用 替えライナー 2枚入り ¥1470(税込)

昼用にお使いいただきやすいサイズです。
草木染の優しいカラーは、インディゴとイエローブラウンの2色


左:ロングパットSET(多い日・夜用) 180センチ×320センチ ¥3990(税込)
  (となりがレギュラーサイズ)
右:ロングも3枚のパットが付いています。

ロングパット用 替えライナー2枚SET  ¥1470(税込) もございます。


スモールパット(軽い日・おりもの用) 170×190センチ ¥1102(税込)



スクエアL 260×300センチ ¥1890(税込)
特に多い日など、横に4つ折りにしたり、縦に折ったりして調節しながらお使い頂けるタイプです。



布ナプキンは決して何かの薬効果を出しているわけでもなく、ものすごい効能があるわけでもありません。
でも『身体』というものは、私たちが思っているよりも正直。
身につけるものが、心地よいものや、素材が身体に安心なものだと、本来身体がもっている正常な状態に戻っていくのではないかと思います。

ご存じかと思いますが、石油系の化学物質は皮膚からも吸収されるといいます。
冷え取りを実践されている方は、絹や綿、麻などの天然の素材と、
化学繊維との違いは肌で感じられていると思いますが、特に粘膜は身体のどの部分よりも吸収が高いと言われていますので、なるべく自然のものを身につけたいですよね。

プラネッタ*オーガニカの布ナプキンとの出会いは、前にもブログでご紹介しましたが
チェンマイのオーガニックの綿畑で育てたコットンをふんだんに使ったタオル地と、
吸水発散性に優れたヘンプ素材を使用しており、使い心地は抜群です。



お洗濯方法やご質問などございましたら、お気軽にスタッフにお聞きくださいね。

5/12-6/3開催される、モリブロの街角イベントでもkasi-の催し物といたしまして
冷え取りや、布ナプキンをはじめ、ココロと体、環境に優しく、「触り心地・着心地」をテーマにした
【オーガニカ展】を開催します。

是非ご来店下さいね!
planeta organica (布ナプキン) comments(0) trackbacks(0)
プラネッタ・オーガニカ
かねてからお取扱いを考えていたカテゴリーがありました。

色々とサンプルを取り寄せたり、調べてはいたのですが、
どうしてもこれ!というピンときたものがなく、なかなか決めれなかったアイテム。
それが【布ナプキン】

今年の2月にタイに商品の買い付けに行った際、アテンドしてくださった田村さんから
(www.facebook.com/atsushi.tamura2)
布ナプキンのすごくいい商品があるとお聞きし、マーケットに行く予定を返上して、
バンコク市内にあるショールームに行って来ました。




planeta organica 

チェンマイのオーガニックコットンの綿花で作られたプラネッタオーガニカは

「触りここち、着ここち、そして眠りここち」というコンセプトのもと

タイに昔から伝わる手紬ぎ、手織り、草木染などの技術を用いて、オーガニックのコットンから
タオルや寝具、ウェアを作っています。

 



雑誌「フィガロ」や「クロワッサン」での特集掲載や、都内百貨店での展示販売など
ここ数年、日本では知名度を確実にあげているブランドです。

プラネッタオーガニカの魅力はその優しい肌さわり。
コットンの栽培から生地の生産まで、いくつもの工程を長い時間かけて手作業で行っているのだそうです。



実際に商品を見せて頂き、バンコクのプレスルームの瀬崎さんからもプラネッタオーガニカの
こだわりやその工程などのお話を聞くことができ、とてもドキドキしたのを覚えています。



4/10よりスタートします。
オーガニックコットンのタオルや、シーウィズシャプラニールのソープを展開している奥の
コーナーで展開しております。
是非是非お手に取ってご覧になってください。

ご使用方法やその使い心地、お洗濯方法などはkasi-スタッフにお気軽にお尋ねくださいね!



 
planeta organica (布ナプキン) comments(2) trackbacks(0)
| 1/1 |